FC2ブログ

松浦市福岡事務所スタッフ手帳

松浦ファンのみなさまにお伝えしたい!「松浦情報」がここにあります。
Posted by 松浦市福岡事務所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 松浦市福岡事務所   0 comments   0 trackback

炭鉱遺構がここにも。  “松浦らしさ”を探してぶらり旅  飛島 炭鉱遺構編

ぶらり旅「飛島 いりこ編」に続いて、今回は、
飛島 炭鉱遺構編です。

松浦市にも、昭和40年代まで炭鉱がありました。
飛島では、江戸時代後期から採炭が開始されていたそうで、昭和30年代には2,000人を超える人がこの小さな島で暮らしていたとのこと。
さぞかし賑わっていたことでしょう。
しかし、昭和44年の閉山とともに、たくさんの方が島から越していったそうです。



そして今。
炭鉱跡へとつづく道


「ひらくち(マムシ)」が出る危険が!ということで、噛まれないように長靴でうろうろ。
進むこと5分くらいでしょうか。

見えてきた炭鉱跡
遺構らしきものが見えてきました。

炭鉱跡1
ここから、石炭を積み出していたのでしょうか。

炭鉱跡2
穴を覗いてみました。
何か機械が通っていたのか、滑り台のようなものなのか、ワイヤーかパイプか…

飛島炭鉱遺構 全景

炭鉱跡3

福島のものとは形が違います。用途が違ったのか、単に形が違うものなのか。
(福島の炭鉱遺構はこちらから)

炭鉱跡6
今はばきばきに割れてしまった地面。
当時はこの上を抗夫が歩き、作業していたのでしょうか。


昔の飛島炭鉱
炭鉱があった当時の飛島の写真。

炭鉱跡5
ここかな、と想像しながら撮ってみました。


今、松浦で暮らしていても、炭鉱があったという実感はほとんど湧きません。
しかし、松浦の歴史を調べていくと、必ず出てくる「炭鉱」の記述や写真。
昭和30年代には人口も今の松浦市の倍以上、6万人を超えていました。
写真などを通して、当時の町の様子や人の生活が今とずいぶん違っていたことを知ってはいましたが、実感が持てないままでした。

「ここらへんは炭住(炭鉱住宅)が立っとったとよ」(今は草むら)
「炭鉱のあった頃は魚屋ばしよったと。でも、閉山でやめた。」
今回飛島で当時の様子についてお話を直接伺うことができ、炭鉱は働く人だけでなく、島の人の生活にも大きく影響していたことを知りました。
松浦が炭鉱で栄えていた、ということが、より現実味をおびてきます。

遺構を見ることに加えて当時のお話を伺うことで、よりまちのことを「知る」ことができる、ということを実感した今回の“松浦らしさ”を探してぶらり旅 でした。




次回は、ぶらり旅 飛島編 最終回、「え?飛島にドレス??」です。





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://matsuurafukuoka.blog88.fc2.com/tb.php/240-41d03b0f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。