FC2ブログ

松浦市福岡事務所スタッフ手帳

松浦ファンのみなさまにお伝えしたい!「松浦情報」がここにあります。
Posted by 松浦市福岡事務所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 松浦市福岡事務所   0 comments   0 trackback

おいしいそばができるかな。  田舎そば打ち体験記 1

皆さん、“そば打ち”やったことありますか??

私、これまでは“そば打ち”と聞いても、

「そんなん、私にできるわけないよ~」
「しろうとの私が作るより、お店で食べた方がおいしいに決まってんじゃん。第一、パンだって捏ねたことないし!」

などと思っていたんですけどね。

そんな私に、ついに“そば打ち”のチャンスが訪れました。

松浦市御厨町の山間の集落、田代地区。
修学旅行生を中心とした、農業体験&民泊の受け入れがとても盛んな地区です。
この田代地区で、そば打ち体験をさせてもらうことに。

こちらは、岩木保徳さん。
田代地区岩木さん

田代地区グリーンツーリズム研究会の代表で、田代地区への移住に向けてのイベント、修学旅行生の農業体験・民泊の受け入れに熱心に取り組まれています。

これまで10年間で、岩木さん宅に民泊した子どもたちは、550人。
さらに、700人ほどの子どもたちに、そば打ちを教えてこられました。

その岩木さんから、私たち大人6名は、田代地区に伝わる田舎そばのそば打ちを教わることに。



「田代地区では、毎年大晦日に自分たちで育てたそばの実を挽いて、そばを打って食べます。田舎そば(十割そば)です。殻ごと挽くため黒くてぼそぼそしています。保存が利かないので、茹で上がったらすぐ食べないといけません・・・云々。」
田代地区田舎そば 岩木さん説明

写真とともに、田代地区のそばについての岩木さんからの丁寧なレクチャーの後、さっそく実践です。


まずは、石臼でそばの実を挽いて粉にするところから。
穴からそばの実を入れ、上の石を回すわけですが、
田代地区田舎そば そばの実挽き2


「回すの速すぎ!」「遅すぎ!」

など、岩木先生からゲキ・・・ではなくて、アドバイスをいただきながら、回していきます。

ちなみに、石臼の接地面です。そばの実を挽く上で、この溝が大切らしい。
田代地区田舎そば 石臼接地面

ふるいに掛けるとそば粉の出来上がり。


次に、そば粉と水を合わせて混ぜる、捏ねる。
手の温度・気候などによって、そばの仕上がり具合が変わるらしい。
田代地区田舎そば 捏ねる

果たして、私はおいしいそばを作ることができるのか!?
自信はないが、とにかく捏ねます。


次に、生地を延ばす。
田代地区田舎そば 延ばす

「これ、やってる人の性格が出るんですよ~」と岩木さん。
最初は慎重にちょっとずつ延ばす人と、最初から思いっきり豪快に延ばす人がいるらしい。
たくさんの人にそば打ちを教えてこられたからこその言葉でしょう。


明日につづく。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://matsuurafukuoka.blog88.fc2.com/tb.php/217-21878c8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。