FC2ブログ

松浦市福岡事務所スタッフ手帳

松浦ファンのみなさまにお伝えしたい!「松浦情報」がここにあります。
Posted by 松浦市福岡事務所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 松浦市福岡事務所   0 comments   0 trackback

大盛況!!! 松浦おさかなまつり!

松浦市福岡事務所 松浦通信員 平野修史からのレポートです


 平成23年11月5日(土)、長崎県松浦市の松浦魚市場で

「第15回松浦おさかなまつり」

が盛大に開催されました

 今回は、全国的に魚食普及活動に取り組むEDGE STYLEモデル「ウギャルLie(ライ)さん」をお招きし、各種イベントに積極的に参加していただきました。

 おさかなまつりは、通常入ることの出来ない魚市場を、年に1回一般開放したイベントで、

「鮮魚・加工品の販売」、「魚のつかみどり」、「魚の模擬セリ」、「松浦産クロマグロの解体実演・即売」、「ウギャルLieさんによるトークショー」、「海鮮バーベキュー」、「海鮮鍋」、「骨まるごとアジ・サバフリッター試食会」、「タッチプール」など多彩な催しで賑わいました。


「オープニングセレモニー」
 雨天の中どうなるのかと心配しましたが、予定どおり開催され、ほっとしました。
松浦おさかなまつり1

この、男性で占めるステージ上で、女性がただ1人。
その方こそ「ウギャルLieさん」です(向かって一番左側)。


「ステージイベント」
 オープニングセレモニーのあと、松浦龍太鼓、慈光幼稚園マーチング、マジックショー、ボイスパーカッション、ヒップホップダンス、よさこいダンスなど、各種ステージイベントが行われました。
松浦おさかなまつりステージ


「骨まるごとアジ・サバフリッター試食会」
 西日本魚市㈱が開発した新商品で、長崎県産サバを骨付きのぶつ切りにし、熱と圧力を加えて骨まで軟らかく仕上げた一品。
骨が入っていることをまったく感じない驚きの商品です。
さばフリッター 松浦市
(イメージ画像)


「ウギャルLieさんによるトークショー」
 Lieさんは、全国的に若者の魚食離れが進む今、10年,20年後の健康を考えて、体に良い魚を若い時から積極的に食べる機会をつくることを目標に、モデルである本人が魚を食べつづけて美容と健康、そしてダイエットせずしてスタイル維持などの効果を紹介

がんばろう水産

を合言葉として、魚のあらゆる良さをPRし、水産業界の発展で島国ニッポンがHappyになれればいいと魚食普及の大切さを強く語っていただきました。
松浦おさかなまつり4
 その後、隣の会場で試食されていた骨まるごと食べられるアジ・サバフリッターを試食
「学校給食に毎日でれば、学校に行くのが楽しみになるんじゃないかなあ?」
との感想に対し、西日本魚市㈱の吉牟田さんは、カルシウムたっぷりで、すでに学校給食に出回っていると説明。

今後、全国に広がれば子どもたちの将来が楽しみです。



「鮮魚・加工品の販売」
 新鮮で安価な魚を求めて、遠方から朝早く来場されたお客さまは、クーラーボックスを持参するなど、大好評でした
午前中には売り切れてしまいました
お昼からいらっしゃったお客さま、大変申し訳ございませんでした。
松浦おさかなまつり鮮魚販売




「松浦産クロマグロの解体実演・即売」
 松浦産クロマグロ(伊万里湾内で養殖)を手際よく簡単に捌くプロの姿は、観客を魅了しました
松浦おさかなまつり7


 なんとここでLieさんも血が騒ぎ最終部分の解体に挑戦
 ちなみに自宅でも普通に魚を捌いて料理なさっているそうです。
松浦おさかなまつり8


 その後、捌いたクロマグロの即売をすると、すぐに大行列ができ、あっという間に完売
osakana9
 
 やはり、みなさんマグロが大好きなんですな。


「魚のつかみどり」
 子どもたちに大人気のイベントで、ずぶ濡れになって必死で魚を追いかけていました。
親ごさんが
「大きな魚をつかめ
と子どもたちを応援する姿は、見ている方が非常に興奮しました。
つかまえた魚は無料で持ち帰ることができます。
家に帰ってお父さんが頑張って捌いたことでしょう
松浦おさかなまつりつかみどり



「タッチプール」
 今回新たに、子どもたちが自由に魚と触れ合える場を設置したのがタッチプール。
 水槽の中には、エイ、カレイ、アラカブ、タコ、ウニ、ナマコ、ヒトデなどの魚介類があり、常時、子どもたちが集まっていて、捕まえたぞーという声で盛り上がってました。
松浦おさかなまつり12


「魚の模擬セリ」
 プロのセリ人から、スチロールに入った魚を安価で購入できるイベント。
 セリ人3名が、個々のスタイルで観客を笑わせ、会場は一気に盛り上がりました
松浦おさかなまつり13


「ウギャルLieさんと子どもたち」
 魚が大好きな子どもたちとLieさんで、はいチーズ 将来のウギャルになるのも夢ではないのでは
松浦おさかなまつり14


 会場を盛り上げてくれたLieさん、ハードスケジュールの中、本当にありがとうございました。
今後も、魚食普及活動の活躍を期待しています。
 


 皆さん、来年もぜひ松浦おさかなまつりへお越しくださいね





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://matsuurafukuoka.blog88.fc2.com/tb.php/127-df25fa58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。