松浦市福岡事務所スタッフ手帳

松浦ファンのみなさまにお伝えしたい!「松浦情報」がここにあります。
Posted by 松浦市福岡事務所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 松浦市福岡事務所   0 comments   0 trackback

おっしょい!山笠直会料理のお話、伺ってきました。

東流 飾り山


「かっけー!」

ついバスの中でつぶやく私。
(NHK連続テレビ小説「あまちゃん」主人公の)アキちゃんの口ぐせが出てしまいました。
6月某日、博多区呉服町交差点に、 ど~ん とあらわれた、おっっきな
東 流
の文字。
この中では、飾り山が7/1のお披露目を待っているのです。

博多のあちこちでは、「山笠が始まるぞ~!」という、なんというか、わくわく感とともに、ぴりりとした少しばかりの緊張も感じられる気がします(私だけでしょうか)。

長法被を着た人
長法被を着た人(手前)。毎年6/1から一か月半、男衆は着用可能になるそうです。
博多を歩いていると、博多祇園山笠開催が近づくにつれて、長法被姿の男衆をよく見かけるようになります。


呉服町といえば、博多祇園山笠の七流のうちの一つ、東流の町。

東流のごりょんさん、池田節子さんに、山笠の食「山笠直会(なおらい)料理」についてお話を伺いました。
ごりょんさんとは、山笠に参加する男衆の奥さんのことです。


池田さん
池田節子さん。池田さんと私はロジケン(福岡路地市民研究会)メンバーで、池田さんがガイドをなさった御供所まちあるきの回で知り合いました。
松浦にも、何度も足を運んでいただいています。


山笠では、直会(なおらい)と言って、山舁きが終わると男衆が車座になって料理を食べる食事会があるそうです。
直会で出される料理のほとんどは、ごりょんさんが作ったもの。

直会料理に、「これを必ず出さなければならない!」という決まりはないそうで、流や町ごとに違うそうです。

以下、東流の上・下桶屋町の直会料理を中心にご紹介します。

池田さんがいらっしゃる上・下桶屋町では、
12日、追い山ならしの後はぜんざいを出されるそうです。
山を舁く、という力仕事の後ですから、甘いものは大人気!

15日、博多祇園山笠フィナーレ、“追い山”。
本番前、男衆は、ごりょんさんが用意したお神酒と白おにぎりを食べます。
喉が渇くのを防ぐためだそうです。
4:59、一番山笠櫛田入り!以降、二番山、三番山…順次スタートします。

そして、博多祇園山笠終了。
この日の朝の直会では、貝汁が定番。
なぜ貝汁か。
男衆は、15日早朝体に水をかけながら山を舁きます。水で冷えた体を温めるため、温かいお汁が出されるそう。汁の具が「貝」なのは、昔、箱崎から行商人さんが貝やおきゅうとを博多に売りに来ていたため、手に入り易かったからからじゃないかな、とのこと。
ですので、おきゅうとも15日の朝の直会で出されます。

それと、忘れてはならないのは、きゅうり!
きゅうりを食べることは、山笠期間中はタブー!!です。
追い山終了の朝、15日間のきゅうりタブーが解禁になるため、きゅうりがきを出されるところが多いそうです。きゅうりがきとは、きゅうりの酢の物のこと。

タブーと言えば、「ミソがつく」のを避けるため味噌を使用しなかったり、転んで四つん這いにならないように牛や豚を食べない町もあるとか。

いろんな直会料理があるんですね~
食べやすいように、おかずを串に刺して皿に盛ることもあるそうです。お話を伺いながら、ごりょんさんたちの男衆への気遣いを感じました。

池田さん、お忙しい中いろいろと丁寧に教えていただきまして、本当にありがとうございました!


ここまでご覧になった方の中には、(なんで松浦市福岡事務所が山笠を調べてるんだろう…)と思われた方がいるかもしれません。

というわけで!
朝市 松浦マルシェ おっしょい追い山バージョン!」へつづく。



《参考》
博多の祭りガイドシリーズ博多祇園山笠(監修:博多祇園山笠振興会)
おっしょい博多祇園山笠(発行:福岡市観光振興課、福岡観光コンベンションビューロー)博多祇園山笠のススメ!(発行:西日本新聞)
ごりょんさんの山笠直会料理(発行:博多ごりょんさん・女性の会)
博多祇園山笠公式サイト(http://www.hakatayamakasa.com/index.php)
スポンサーサイト
Posted by 松浦市福岡事務所   0 comments   0 trackback

「パークビルセミナー/地域ブランドづくり勉強会」参戦!!

松浦市福岡事務所は、天神パークビルに入居しています。

天神パークビルでは、NPO法人福岡ビルストック研究会と吉原住宅有限会社主催で、
「パークビルセミナー」が開催されています。
10/15(月)、「パークビルセミナー」で初めて、「地域ブランドづくり勉強会」というテーマでセミナーが開催されました。

「地域ブランドづくり勉強会」第1回目は、松浦市福岡事務所所長の近藤が話題提供者です。

まずは、NPO法人福岡ビルストック研究会理事の吉原さんからご挨拶。
PBセミナー吉原さん


そして、今回のセミナーの段取りをつけて、司会進行されるのは、ビルストック研究会の下野さんです。
PBセミナー下野さん


提供する話題は、「松浦市プロモーション IN 福岡」ということで、松浦市福岡都市圏交流促進基本計画とアンテナショップ「鷹ふぐバル松浦」について、所長の近藤から概要をお話しました。
PBセミナー所長

PBセミナー所長2

PBセミナーパンフ


今日のお題は、「松浦への誘客」。
PBセミナーお題

ワークショップでは参加者は3つのグループに分かれ、「松浦への誘客」について、各グループで話し合います。
みなさんから、いろんなアイデアが出されていました。
PBセミナー全体

PBセミナー1班


聴きながらわくわくするような意見や改善点など、皆さん活発に発言されており、
笑いながらも皆さんが熱心に参加される雰囲気が伝わってきました。
そして、各グループの発表です。
PBセミナー3班発表

PBセミナー2班発表

PBセミナー1班発表


最後に、所長からみなさんへひと言。
PBセミナー所長ひとこと




その後、懇親会。
鷹ふぐバル松浦へ。

松浦育ちのクロマグロを刺身として皆さんに召し上がっていただきました。
松浦産クロマグロ

松浦の新たな水産物、養殖クロマグロについてはこちらをどうぞ
2010.12.14 松浦産の新たな水産物 “養殖クロマグロ”
道の駅鷹ら島HP


そして、この時は・・・
世間遺産の話と、松浦の魚の話で皆さん盛り上がっていました。


終わってからも、「勉強になりました」「松浦市に行ってみたい」
というお声をいただきました。
いやいや、こちらこそ学びの場でした。
皆さま、本当にありがとうございます。

「パークビルセミナー/地域ブランドづくり勉強会」。
私たちの学びに加えて、皆さんに松浦市を知っていただく良い機会でもありました。


松浦市を、もっともっとたくさんの方に知っていただかなくてはなりません。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします


Posted by 松浦市福岡事務所   0 comments   0 trackback

松浦市FAN倶楽部の皆さんとの再会 in 福岡産業デザイン賞 展示会

10/16・17の2日間、
第14回 福岡産業デザイン賞 応募商品展示会
がアクロス福岡で開催されました。
応募商品は一般公開され、来場者は投票することができます。

松浦市FAN倶楽部の方からのお声かけで足を運んでみることに。

今回お声かけいただいた、筑前あさくらプロデューサーで井上印刷の井上さんがいらっしゃるブース。
井上さんは、筑前町で食によるまちおこし「筑前麦プロジェクト」に取り組まれています。
今回は、筑前町産小麦粉100%のそうめん「麦夏ちゃん」で勝負に出られています
麦夏ちゃん

井上さん(向かって右)と、麦夏ちゃんを製造された株式会社蕎麦麺工房髙尾の坂井さん。
井上さん

井上さん、松浦マップクリアファイルをお持ちいただき、ご協力ありがとうございます


そして、お隣のブースには
昨年度開催されたセミナー「食業塾」で受講生として私と一緒だった、井上薫商店の糸瀬さん。
「メルマガ(松浦市FAN倶楽部メルマガ)いつも読んでます。面白いです」と、うれしいお言葉。
ありがとうございます。
糸瀬さん

井上薫商店は佃煮や煮豆をつくる会社なのですが、煮炊きの技術を応用して、はちみつを製造されています。
今回は、そのはちみつで出展
今、福岡で熱いとよみつひめというイチジクを使ったはちみつです。
とよみつひめはちみつ


こちらは、デザインしたご本人はいらっしゃらなかったんですが…
江の浦海苔本舗「のりのりシリーズ」。
炊のり

デザイン事務所カジグラの梶原さんのデザインです。
梶原さんとも同じく食業塾で、同じチーム「サバイバル」(「サバイバル」の「サバ」は松浦の「サバ」)
のメンバーとして、松浦への集客をみんなと一緒に考えていただきました。



そして、会場の奥のブースには!
「自然薯とろろ」崎田さんの大きな写真が
自然薯とろろ

崎田さんも、糸瀬さんと同じく「食業塾」での受講生仲間です。
崎田さんが開発された自然薯とろろは、一度冷凍させているのに自然薯のふわふわ感が残ったままというもの。
手がかゆくならずにおいしい自然薯が食べられる逸品
崎田さん


そしてお隣
JA柳川ブース
柳川まめマヨ、柳川小悪魔ソース・ご馳走ソース、おひさまいちじく。
JA柳川
柳川の豊かな農産物のおいしさが詰まった商品を出展されていました。

JA柳川の古賀さんとも食業塾で一緒でした。
同じチーム「サバイバル」で、松浦への集客についてメンバーみんなで一緒に考えました。
その節はありがとうございました


古賀さん(向かって左)と福田さん(向かって右)。
古賀さん

松之介チラシを持っていただきまして、ゆるキャラグランプリ松之介エントリーPRへのご協力ありがとうございます

皆さま、松之介への清き一票をよろしくお願いいたします
http://www.yurugp.jp/entry_detail.php?id=396





そしてこのブログを書いている間に、今年のデザイン賞が決まったようです

第14回福岡産業デザイン賞
優秀賞に、梶原さんデザイン江の浦海苔本舗「のりのりシリーズ」
炊のり


大賞に、古賀さんがいらっしゃるJA柳川「柳川まめマヨ」
柳川まめマヨ


なんと当時の「サバイバル」チームの方が2人も
皆さんすごいな、本当におめでとうございます

まさか、松浦市FAN倶楽部のみなさんにこんなにお会いするとは思わずに出かけたのですが、、、
皆さんの活躍を目の当たりにして、本当にうれしい限りでした。
松浦市も、松浦市FAN倶楽部のみなさんのアドバイスや応援を受けつつ、
「サバイバル」チームメンバーの活躍の追い風を受けて頑張りまーす



Posted by 松浦市福岡事務所   0 comments   0 trackback

松之介、仲間との饗宴♪

うちの松之介くんが、2か月ぶりに福岡にやって参りました。

松浦市は、福岡ビジネス協議会(通称:FBK)に入会いたしております。
福岡県内に事業所を置く250社が入会されており、松浦市は、松浦市のみどころ、グルメ、イベントなどを会員の皆さまに機会あるごとにお伝えし、応援していただいています。

今回は、年に1度の定期総会に松之介をお招きいただきました。
松之介の任務はもちろん、松浦市PRでございます。

この日は、同業仲間がやってくると聞いてわっくわくの松之介。
松之介、出番

松之介と係長

係長と一緒に、ステージへ。
さてさて、今回はどんな仲間に出会えるのでしょうか…


みんな、出番ですよ
ミヤちゃん、くまもん、松之介


向かって左から、くまモン、ミヤちゃん、そして、うちの松之介。


ミヤちゃんは、大分県玖珠郡九重町からやってきました。かわいらしい妖精です。
ミヤちゃん


こちらはくまモン。皆さんご存知ですよね
くまもん



うちの松之介は、松浦市福岡事務所長近藤と一緒に、舞台で松浦市PRのプレゼン。
はじめまして、松之介です

プレゼン所長と松之介2

プレゼン所長と松之介

プレゼンドヤ棚田





そして宴も終盤、始まったのは、それぞれのご当地産品の抽選会。

くまモンはくじの箱に手が入るらしく、自分でカードをひいていました。
くまモンくじびき


なにっっ松之介も負けてられない

最初は箱に手が入るか危ぶまれていましたが、
松之介くじ2

なんとか入り…
松之介くじ

何度目かにようやくカードを手に取ることができました。




抽選会最後、松浦産パッションフルーツを会場の女性にプレゼント
松浦産パッションフルーツ

松浦産パッションフルーツプレゼント

松浦産パッションフルーツプレゼント2



くまモン、君は男の子だから、あげられないのよ・・・
くまモンいたずら…?




くまモンと松之介4

くまモンと松之介

くまモンと松之介2

くまモンと松之介3

くまモンと松之介5

くまモンと松之介6

くまモンと松之介7

くまもんと松之介、短い時間でしたがすっかり仲良くなりました。


会が終わって、皆さまをお見送りしつつ、名刺を配り、松之介は自分自身をPR

お友達と松之介

お友達と松之介2

お友達と松之介3

会員の皆さんにかまってもらって、仲良しになれてよかったね、松之介。

これからもどうぞ、松之介と松浦市をよろしくお願いいたします

Posted by 松浦市福岡事務所   0 comments   0 trackback

meets!でつながる、人の縁

松浦市アンテナショップ「鷹ふぐバル松浦」と松浦市をつなぐ広報冊子「meets!」。
「鷹ふぐバル松浦」を運営するONOグループの小野社長(向かって左)と、松浦市長友広(向かって右)がそれぞれ表紙を飾っています。
meets!

このタイトル「meets!」には、福岡と松浦の「はじめまして」「ようこそ」の出会いをはじめ、
「たくさんの出会いがありますように!」との意味が込められています。
meets!について → 2012.06.20 meets!

この「meets!」の写真を撮られたのは、カメラマンの杉本圭さん。
(杉本さんが撮られた松浦写真から4葉)
杉本圭さんの作品

「meets!」で写真をご担当されたことがきっかけとなり、杉本さんを講師にお迎えして、松浦の景色を撮って歩く写真ツアー「第1回 松浦とってあるき旅」が8/19(日)に開催されました。

このツアー、バスで皆さん移動したり、松浦鉄道に乗ったり、船に乗って青島に渡ったりと、松浦の暮れゆく夏の景色を撮るべく、カメラ片手に回ったのでした。

コースの中には、以前世間遺産でご紹介した、あの西木場教会も

「第1回松浦とってあるき旅」の様子はこちらからどうぞ→ 松浦松之介ツーリスト~まつうら観光物産協会~ブログ

参加された皆さんからは、「松浦の新しい魅力を発見できた」「楽しかった」「また参加したい」などのお声がいただけたようです

松浦とってあるき旅長崎新聞
8/23長崎新聞に掲載されました。


「meets!」をきっかけにしてつながった、参加者のみなさん、杉本さん、松浦市。

これからも、良いご縁に恵まれますように




ちなみに、「第2回 松浦とってあるき旅」は11/17(土)18(日)の1泊2日の旅を予定しています。
次回の講師はどなたでしょうか…お楽しみに!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。