松浦市福岡事務所スタッフ手帳

松浦ファンのみなさまにお伝えしたい!「松浦情報」がここにあります。
Posted by 松浦市福岡事務所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 松浦市福岡事務所   0 comments   0 trackback

松浦市福岡事務所スタッフブログをお引っ越ししました!
新規URLはこちら→http://ameblo.jp/matsuura-fukuoka/
スポンサーサイト
Posted by 松浦市福岡事務所   0 comments   0 trackback

只今、ブログの引っ越しリニューアル(9月初旬予定)準備中です。
すみませんが、もうしばらくお待ちください。
                           松浦市福岡事務所

「土谷棚田の火祭り!

平成26年9月21日(日)開催≪点火時間18:00~≫
イベントは15:00~ 俵投げ大会、郷土芸能披露、物産販売など


火祭り
Posted by 松浦市福岡事務所   0 comments   0 trackback

お腹の底から笑って、食べたい!という方へ。 ふくしまい~なか体験!

松浦市では、農漁業体験・民泊が、10年かけて地域に根づいています。
また、取り組む団体も3つほどございます。


■主に都市部の中高生の体験型修学旅行を受け入れている まつうら党交流公社

■移住につなげるべく、農村の生活を外の方に知ってもらうためにイベント、農業体験、民泊に取り組まれている
田代地区グリーンツーリズム研究会
(当ブログの記事→ おいしいそばができるかな。田舎そば打ち体験記

■「お客様に楽しんでもらい、自分たちも楽しむ」ことをモットーに、都市部の人との交流を続けていらっしゃる
いろり会。


今回は、いろり会のイベントのお知らせです。

松浦市福島町の10軒の農家・漁家からなるいろり会では、福島町内で農漁業体験・民泊に取り組まれており、
H15年から年に2回、「ふくしまい~なか体験 夏場所/冬場所」を開催されています。

いろり会会長 松尾さん
い~なか体験冬場所 について説明されているいろり会 会長の松尾武さん。このたび、告知のために福岡事務所にお越しになりました。


今年は2月下旬に開催されるとのことですので、い~なか体験についてご質問やご興味のある方は、
松尾武さん(連絡先は下部チラシ参照)まで、お気軽にご連絡ください。
きっとやさしく丁寧に教えてくださいますよ。

ちなみに、私が参加したときの体験記。
お腹の底から笑って、食べて・・・良かったらご覧ください→ いなか暮らし女子会開催!?

ふくしまい~なか体験 2014冬場所
※唐津まで送迎あり。松尾さんまでお問合せください。

ふくしまい~なか体験2014冬の陣チラシ(オモテ)

1402ふくしまい~なか体験冬の陣(ウラ)


チラシのPDFファイルダウンロードはこちらからどうぞ。
→ オモテ / ウラ




Posted by 松浦市福岡事務所   0 comments   0 trackback

え?飛島にドレス??  “松浦らしさ”を探してぶらり旅  飛島 みなと荘編

炭鉱遺構からの帰り道、船着き場の近くにある、島で唯一の民宿「港荘」に立ち寄りました。
民宿港荘

港荘看板
実は、いりこの工場を案内してくれた女性は太田さんとおっしゃる方で、こちらの女将さんだったんです。

飛島 出会った地元の女性
港荘の女将、太田さん。

レトロ電話
玄関口にはレトロ電話が。
私「いつ買わしたとですか?(いつ買ったんですか)」
太田さん「平成元年よ」
実は新しい。
港荘のオープンも、平成元年だそうです。


「中に入ってみんね!ドレスのたくさんあるけん。」と太田さん。
???

完全に太田さんのペースに乗せられている私達。
薦められるがま部屋の奥に進むと…

港荘のドレス1
まるで貸衣装屋さん!?
ほんとにドレスがたくさんあります。

港荘のドレス2
「これは天童よしみさんのみたいなドレス(↑)」
「どれか着てみんね!」と太田さん。

しかし集合時間が迫っています。試着はできませんでしたが、ドレスを当ててみたりしました。
港荘のドレス3
それにしても、どのようなシチュエーションでドレスを着るのでしょうか。


港荘のカラオケ
・・・それは、カラオケの時だそうです。
「みんな、ドレス着て楽しんで帰らすと」と太田さんはにっこり。
みなと荘は、お部屋数3部屋のお宿で、3部屋にそれぞれカラオケマシンが設置してあります。
これで歌謡ショーを楽しむことができるそう。
まさかのドレスやたくさんのカラオケ。
ハイカラなお宿。


港荘の窓から
そして、窓からの眺め。海はすぐそこです。


「民宿 港荘」
住  所:長崎県松浦市今福町飛島免389(船着き場から右側に進む)
電話番号:0956-74-0149
定  員:15人くらい



今回のぶらり旅 飛島編は、以上です。

飛島の炭鉱遺構を見に行ったつもりが・・・
いりこ工場やハイカラなお宿など、歩いてみて分かることが、やっぱりここにも。
これだから、ぶらり旅はやめられません。

次はどこを歩いてみましょうか。



松浦市今福町飛島。
今福港から船で約20分。
フェリーの時刻はこちらをどうぞ→http://www.city-matsuura.jp/www/contents/1314688554000/index.html


より大きな地図で 長崎県松浦市今福町飛島免 を表示



Posted by 松浦市福岡事務所   0 comments   0 trackback

空の旅の楽しみ、何ですか?

ANA

私は飛行機が好きです。
と言っても、機体のうんちくが語れるわけではありません。
正確に言うと、飛んでいる、もしくは飛び立とうとしている飛行機を見ることが好きです。

飛行機を見ていると、(どこへ行くのか、どこから来たのか)と空想が膨らみ、わくわくします。
国際線ならなおのこと。
JAL
福岡空港のレストランの窓から。



ただ残念なことに、今は飛行機に乗る機会は多くありません。
めっきり減ってしまった空の旅ですが、機内食以外にも私にとっての楽しみがあります。
それは、機内誌 です。

JALの機内誌「SKYWARD」。
SKYWARD 表紙
飛行機に乗ることがたびたびあった昔、浅田次郎さんの読み物が楽しみでした。こちらは今年の5月号。外国のおまつりや福岡のおやつ紹介も。

ANAに乗れば「翼の王国」。

スターフライヤーだと「雲のうえ」。
雲のうえ19
次はどんな北九州市が見られるのかな、と毎回次号が待ち遠しくなります。


写真、言葉、挿絵・・・どの機内誌も、見ているだけで旅心が刺激されます。


そんな機内誌に、松浦が登場しています。
ソラシドエア「ソラタネ」11月号です。
1311ソラタネ松浦 表紙

「水軍の心 うけつぐ港町」

その昔、海を駆け抜けていたであろう水軍松浦党を始め、松浦が誇る豊かな海の幸、
農林漁業を体験するプログラム「ほんなもん体験」などなど。
読むうちに、素朴さと温かさが伝わってきます。

11月中はソラシドエアの機内に設置されているほか、12月は早めであれば、下記空港カウンターにあるかもしれないとのことです。

<下記空港のソラシドエア または ANAのカウンターにお尋ねください>
宮崎、羽田、神戸、熊本、長崎、鹿児島、大分、沖縄


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。